ど~も~ヤマダです(*´艸`*)

昨日に引き続き、ヤマダ電気せどりについてご紹介していきます!

 

▼昨日のブログ
ヤマダ電機せどり攻略!バーコード横のアルファベットで商品を識別!狙うは「EKワゴン」

 

今日ご紹介するのは、決算セールや蚤の市等のイベントに左右されない仕入れ方です!

リサーチする場所と商品を特定すると、比較的高効率に仕入れることができます( ´∀`)bグッ!

 

その場所とは・・・

「商品棚の下の方」です!

 

商品棚には、ゴールデンゾーンと呼ばれる場所があります。

そこは最も手に取りやすい高さで、主力商品や売れ筋商品が陳列されます。

 

私の経験上、ゴールデンゾーンにある商品は仕入れられないと感じます。

転売目的の仕入れであれば、ゴールデンゾーン以外の場所にある商品をチェックしましょう!

 

一般的な商品棚は、このように陳列されています。

 

■1,8m〜(取りにくい高さ)
在庫商品、サンプル商品など

■1,5m〜1,8m(取れる高さ)
準主力商品、売れ筋商品の関連商品など

■0,6m〜1,5m(ゴールデンゾーン)
主力商品、売れ筋商品、季節物、広告商品など

■0,3m〜0,6m(取れる高さ)
準主力商品、売れ筋商品の関連商品など

■0,0m〜0,3m(取りにくい高さ)
在庫商品、サンプル商品など

 

更に、プライスカードがなかったり、商品にプライスシールが貼っていない商品だったら、なお良いですね!

今回ご紹介する商品は、0,0m〜0,3mの、取りにくい高さにあり、値札が無い商品でした(*´艸`*)

 

こちらです。

 

 

生産終了したwiiUのコントローラーです!

値札が貼っていなかったので、レジで確認しました。

 

この商品の定価は、1,900円くらいだったかな(・∀・)?

Amazonでは、その倍で売られています。

 

 

しかも売れ行き、バッチリです( ´∀`)bグッ!

 

 

いかがでしょうか?

ヤマダ電機に限らず、どこのお店でも使えるテクニックなので、店舗仕入れの際にご活用くださいm(_ _)m