価格改定機能付有料ツール(プライスターやマカドなど)がありますが、実は、FBAにも無料で使える、純正自動価格改定機能が付いているって知ってましたか?

確かに有料ツールは優秀ですが、毎月のツール代が・・・と、思っている人も少なくないのでは?

これから説明する方法は、大口出品者しか使えませんが、ツールに毎月5000円くらい払うのであれば、Amazonに5000円払った方がいい!と思います。

その理由の1つが、FBA自動価格改定機能です!

まず、セラーセントラルの「価格メニュー」から「価格の自動設定」を選択します。

すると画面が変わりますので、Amazonが提供している動画をご覧になってください。その後、オレンジ色の「開始する」のボタンを押します。

「価格設定ルールを作成」のページに移動しますから、3つの設定をしてください。

1つ目は、「ルールの名前」です。これから設定する価格設定のルールの設定に名前をつけます。

今回は「カート価格トラッキング」にします。カート価格に合わせて自動価格改訂する設定ですね!

「比較対象の価格」を「ショッピングカートボックス価格」にするといいでしょう!

最安値=カート価格ではないので、要注意です。

続いて「実行する価格設定操作」の設定をします。

「ショッピングカートボックス価格と同じ」に設定するといいですね!カート価格よりも安くする設定でもいいのですが、2人以上が同じ設定をすると、値崩れのトリガーを引くことになりますのであまりオススメしません(^_^;)

実際に、この機能が追加されてからAmazonの価格がガガガーんと、右肩下がりになっている商品が多くなっている感覚があります。

これら3つの設定をしたら、オレンジ色の「保存してSKUを選択」を押します。そうすると自分が出品している商品リストが表示されますので、今回設定したルールを適用する商品を選択します。

自動価格設定では、SKUごとに2つの価格設定をする必要があります。下限価格と上限価格です。

いくらまで価格を下げていいのか?を1つ1つ設定します。ここで注意しないといけないのが、下限価格と上限価格の両方を設定しなくてはいけないということです。

下限価格だけ設定するとこのようになります。

このようなエラーが発生しますので、必要でなくても上限価格を設定してください。

価格数値を入力したら、「価格の自動設定を開始」の「+ボタン」を押してください。正常に設定が完了すると、ルール名の箇所に設定名が記載されます。

また、設定を変更する場合や停止する時は、アクション欄の「→マーク」を押すと変更できますので、ご安心ください。

一気に設定する方法もあります!

商品が一覧表示されている箇所の左上の□に✓を入れると全ての商品が選択されます。

全て選択されたら、オレンジ色の「価格の自動設定を開始」を押します。

すると・・・

全部エラーになります(笑)

SKUごとに価格を入力しないといけないので、このようなエラーが起きます。ですから少しメンドクサイかもしれまんが、1つ1つ下限価格と上限価格を設定しましょう!

以上が、Amazonの無料で使える自動価格改訂機能です。無料なので、できることは限られてきますが、個人的にはナイスサービスだと思いっています(^^)

もし「もっとスゴイ機能を使いたい!」と、お思いの方もいるでしょう。そんなアナタには、私のオススメするツールをお使いください!

ヤマダのオススメツール!

月額4800円の有料ツールですが、その威力は爆発的です!30日間無料体験できますので、一度試しに使ってみてもいいでしょう!

使ってみて「いや、俺はAmazonのツールで十分や!」と思えば、解約すれば1円もかかりませんからね!

ぜひお試しください(^^)

ヤマダのオススメツール!

 

PS

リサーチと仕入れを自動化したい人は、このツールがいですよ!

自動化ツールと無料セミナー映像

【Facebookでお友達になりませんか?】

プライベートな投稿もしておりますので、もしよろしければお友だち申請お願いします(^^)

Facebook

ーPSー
【LINE@やってます!】

ブログでは絶対に公開出来ない
秘密の情報を
<LINE>で限定公開しています!


今だけ!LINEの友だち追加で・・・

【転売大学に永久無料ご招待!】

今すぐご登録ください☆
友だち追加

※LINEで「@reg3040t」でID検索!