自分履歴書のすすめ

「あなたのやりたいことは、なんですか?」と聞かれて3秒以内に即答することはできますか?子どもの時には明確だった夢が大人になるにつれ薄れていきます。なりたい自分、つまりゴールが明確でないと、今、何をしたらいいのかが分からないという壁にぶち当たります。そんな時は、「自分履歴書」を書くことをオススメします。

今までの自分を振り返る

あなたは何歳ですか?歳の数だけあなたの歴史があるわけで、今、その数十年の歴史を鮮明に思い出すことは不可能です。しかし、パーツパーツで思い出すことは可能だと思います。

大量の自分歴史を振り返ると、何かしら思い出すことがあります。例えば、猛烈に好きだった彼女(彼氏)と付き合ったこととか、別れたこと。入学や転職もそうでしょう。

そのようなコアな自分歴史には、実は、自分の本当にやりたいことが眠っている可能性が非常に高いのです。

もしやりたいことが明確では無い人は、今すぐに、今までの自分を振り返ることをオススメします。

自分履歴書

あなたにはあなたしか体験・経験したことがない過去があります。それは唯一無二の歴史であり、あなたしか知らない「自分履歴書」であります。

自分履歴書は、今までの自分を振り返る時に最適な方法の1つです。

中学入学くらいからの記憶をとにかくサクサクと紙に書き出しましょう。書くことは、何でもいいんです。とにかく覚えていること全てを殴り書きしてください。

不思議なことに書けてしまいます。何十年前の記憶にも関わらず・・・

あなたの書いたその紙に写っていることが、あなたの脳内にある潜在的記憶です。忘れたくても忘れられない、まさに人生を変えた出来事なのです。

実は、そこにあなたのやりたいこと。そして、やるべきこと。言い換えるなら、「あなたの使命」が記載されている可能性が非常に高いのです。

自分がやりたいこと

自分履歴書を書いたのなら、それを一度最初から最後まで読んでみてください。するとどうでしょう。今までの人生が鮮明にフラッシュバックしてきませんか?

「あの時、◯◯を目指してたな・・・」とか、「◯◯に夢中になっていたな・・・」とか、濃い思い出しか記憶に出てこないのです。

濃い思い出とはすなわち、あなたが熱中したことなのです。時間を忘れて熱中したこと。子供の頃、布団に潜って寝ずにゲームをしたことも、これに当たります。

そんな時間を忘れるくらい熱中したことは、自分がやりたいことであり、それを軸にビジネス展開していった方がいいでしょう。

なぜならビジネスは継続することであり、短期的な収入ではないからです。

どのようにビジネス展開するのか?

自分の軸が見つかったら、それをどのようにビジネス展開していくのか考えます。インターネットを使うのであれば、無料のSNSを使うのをオススメします。

youtubeやブログ、Twitter、インスタグラムなど、あなたに合った媒体で情報配信していくことで、自分の存在をアピールすることができます。

ビジネスは、「集客」→「教育」→「販売」の3ステップで成り立っています。見込み顧客を集め、その方々が求めているコンテンツを提供し、信頼関係を構築していきます。

その中の一部の人があなたの商品・サービスを購入してくれるということです。

この3つの中で1番難しく、大変なのは集客です。集客さえうまくいけば、ビジネスは成功すると言っても過言ではありません。

ですから、どの媒体を使って集客していくか、どのように集客していくか、要は、戦略と戦術が非常に重要になってくるわけです。

それに加え、集客に使う労力・時間の比率を高めて、とにかく自分が伝えられることを100%に近いカタチで伝えることが大切になります。

100%より低くても、高くてもいけません。あなたの思っていること、思考、理念をそのまま伝えることができれば、集客はうまくいきます。

それも自分の好きなこと、時間を忘れるくらい熱中できるものですから、情報配信しても苦にならないでしょう。まずは1つのメインメディアから配信していくことをオススメします!

【Facebookでお友達になりませんか?】

プライベートな投稿もしておりますので、もしよろしければお友だち申請お願いします(^^)

Facebook

ーPSー
【LINE@やってます!】

ブログでは絶対に公開出来ない
秘密の情報を
<LINE>で限定公開しています!


今だけ!LINEの友だち追加で・・・

【転売大学に永久無料ご招待!】

今すぐご登録ください☆
友だち追加

※LINEで「@reg3040t」でID検索!