【究極の不労所得】モニタービジネス!

1からビジネスを始める時には必ずどうすれば成功するだろう?と考えると思います。失敗の先に成功があるのですから、いかに早く失敗するのかが最短で成功する方法になります。そのためにテストを繰り返し、それをPDCAで回すといいでしょう。どれだけの早く、多く回すかが最大の肝です。

1人でテストしない方がいい理由

PDCAというのは、P(計画)D(行動)C(チェック)A(アクション)のことです。まず計画を立てて、それをやる。その結果をチェックし、次のアクションに移すということになります。

これはまさに失敗を成功に変える手段で、この作業がものすごく面倒くさく、時間がかかり、正解がないので、続けられないのです。

しかし、それは1人であるということの影響が大きいのではないかと思います。

会社組織であれば、上司がいて、その指示に従えばいいのですが、1人の場合自分で自分の行動を指示して、自分で自分の結果を分析しなくてはいけません。

正解が無いのですから、暗闇の中でジャンプするのと同じ恐怖を感じます。

なので、テスト(PDCA)する時には仲間とやるといいでしょう。同じ志を持つ仲間と一緒にではなく、あなたが中心となった個人組織として動け!ということです。

そうすることで、テストを指示し、その結果を俯瞰して見れます。時間も労力も効率よく、より正確なPDCAが完成されます。

個人組織で動くとは?

会社のような組織を1から作り上げるのは非常に大変で、時間とお金がかかります。しかし、個人同士が集結すれば、会社ではないですが組織が作れるのです。それを個人組織といいます。

PDCAをするということは、ビジネスをするということ。すなわちPDCAの先にお金があるのです。

もしあなたが個人組織を作って、動いていきたいのであれば、ノウハウ提供と報酬配分、この2つを取り入れるといいでしょう。

どういうことかというと、まずは成果を出す核となるノウハウを入手します。ノウハウは買っても、作ってもいいと思います。

そしたらそのノウハウに値段をつけるのです。10万円以上の価格がいいですね。

次にお手伝いしてくれる仲間にこういうのです。「ねえ、10万円のノウハウをタダであげるから、モニターやってくれない?」と。

ここから個人組織としてのビジネスがスタートします!

他力本願で稼ぐ方法

ノウハウを提供する代わりに実際に行動してもらいます。そして、そのノウハウで得た収益の配分を決めるといいでしょう。

期間と条件にもよりますが、両者で決定すると良いですね。もちろん契約書も交わした方がいいです。今は、ネットのアウトソーシングでプロに激安で作ってもらえますから、「弁護士 契約書 作成」で検索してみてください。

これで準備完了です。後は、ノウハウ通りに行動してもらうのみ。

あなたはその結果を収集しPDCAしてください。モニターさんからのたくさんのデータをキュレーションし、それを分析します。それをアウトソーシングする。この繰り返しです。

あなたがやることは、たったの3つ。

①仲間を集める

②ノウハウを用意する

③PDCAする

かかる費用は、ノウハウ代のみで成功確率を高める仕組みを構築できます。そして稼ぐことができます。

モニターさんのメリットはあるのか?

このように書くと、「モニターさんが可愛そう!」と感じるでしょう。実は逆なのです。

怪しいネットビジネスが世にたくさんある今ですから、本当に結果の出るノウハウを手に入れることは至難の業。

ノウハウを実証し、実際に結果が出ることを経験するにはたくさんの時間と労力を要します。

ただこのモニター方式を採用すると、同じノウハウを現在進行系で実行している人がたくさんいるわけですから、より精査され、確実なノウハウを本当に無料で手に入れることが出来てしまうのです。

つまり、モニターさんの立場からすれば、お金をかけずに確実な稼ぐ方法をゲットでき、本当に稼ぐことを実感することができてしまいます。

お互いWINーWINの関係を築きながら、共に成功する1つの方法がモニタービジネスなのです。

【Facebookでお友達になりませんか?】

プライベートな投稿もしておりますので、もしよろしければお友だち申請お願いします(^^)

Facebook

ーPSー
【LINE@やってます!】

ブログでは絶対に公開出来ない
秘密の情報を
<LINE>で限定公開しています!


今だけ!LINEの友だち追加で・・・

【転売大学に永久無料ご招待!】

今すぐご登録ください☆
友だち追加

※LINEで「@reg3040t」でID検索!