読書は最強のビジネス!

仕事前に読書することをオススメします。起きて2時間後から脳が活発に動き始めますので、そのタイミングで読書するといいでしょう。読書をすることで自分に無いスキルや思考、そしてビジネスのヒントを手に入れることができます。ですので、仕事前の読書が最強なのです!

仕事に役立つオススメの本を2冊ご紹介します!

影響力の武器実践編

かの有名な影響力の武器を活用した、ビジネスの成功事例が50も載っています。あなたのビジネスを加速するには、既に成功した事例をTTP(徹底的にパクる)ことをした方がいいでしょう。

TTPするといっても、やり方全てをパクるのではなく、たくさんの事例のいいとこ取りをするということです。

例えば、飲食店で集客に成功した事例と不動産で売上を倍増した事例を組み合わせて、あなたのビジネスに活かすなどといったことです。

この本に載っている事例を1つご紹介しますと、一般敵な通販では、「オペレータがお待ちしています。いつでもお電話ください。」と言うでしょうが、

これよりも「オペレーターに繋がらない場合は、繰り返しお電話ください!」とした方が成約率が上がるのです。

なぜなら、「繋がらない」=「人気だ」という認識をするからです。

行列ができているお店を見ると、きっと美味しいに違いない!と思うのと同様の現象が起こるのです。

このような事例が50も載っている本ですので、あなたのビジネスに活用できるノウハウが1つはあるはず。

ビジネスをされている人であれば、必ず読むべき1冊ですね!

コチラから購入できます。

 

脳科学マーケティング100の心理技術

この本は物やサービスを販売している全ての人が読んだほうが良いと、大声を出して言えるほどの名著です。顧客の購買意欲を生み出すための、脳科学と心理学を解いています。

どのようにすれば、お客さんが商品を買うのか?ということを12のキャプチャーで細切れに書いてありますので、1日ごとに1キャプチャーといったペースで読むことができます。

読書する習慣の無い人は、この機会に是非手にとって読んでみてください。

ネットビジネス関係はもちろんのこと、リアルビジネスでも充分に活用することができます。

特に選択肢をむやみに増やさないことに関する記事は凄く役立ちます。

これはどういうことかというと、例えばスーパーでアイスを売る場合、10種類のアイスを用意した場合と30種類のアイルを用意した場合では、売上が数倍も変わるのです。

10種類の方が売上が良いということです。

購入する側の心理としては、あまり選択肢が多い場合、迷いすぎて決められないという買わない心理が働きます。

もちろん例外もあります。

アイスの種類が100種類もあると、それが売り(客寄せ)になり、お客さんが殺到するという現象もおきます。

要は、中途半端は良くないということです。

商品の種類で勝負するなら、トコトン勝負!お客様に選ぶ楽しさを与えることを売りにしても良いと思います。

まとめ

この記事でご紹介した事例は、ほんの一部です。これだけでも「ほ~、なるほど!」と感じたのではないでしょうか?

世の中にはたくさんの成功事例がありますので、資格の勉強もいいですが、成功事例の勉強をされてみてはいかがでしょうか?

ビジネス書を何冊も買い漁る必要はありません。もし、少しでも勉強してみようかな?と思うのであれば、先程ご紹介した「脳科学マーケティング100の心理技術」をオススメします!

1度ではなく、何度も繰り返し読むと効果バツグンです!最低でも3回は、読んだほうがいいです。全部で12キャプチャーありますから、1日1キャプチャーで、3回読むと1ヶ月かかります。

この本は少し高いですが、1ヶ月1冊でいいのですから、自己投資額としてはコスパ最強ですね。

是非!手にとってお読みくださいm(_ _)m

コチラから購入できます。

【Facebookでお友達になりませんか?】

プライベートな投稿もしておりますので、もしよろしければお友だち申請お願いします(^^)

Facebook

ーPSー
【LINE@やってます!】

ブログでは絶対に公開出来ない
秘密の情報を
<LINE>で限定公開しています!


今だけ!LINEの友だち追加で・・・

【転売大学に永久無料ご招待!】

今すぐご登録ください☆
友だち追加

※LINEで「@reg3040t」でID検索!