古物商は、物販をする人なら必要かなと思います。

古物営業許可は、警察署に提出するのですが、料金が19000円~20000円くらいかかります。

ただ、古物商を持ってないから、ヤフオクとかに出品できないかといったら、そうではないんです。

物販でも持っていない人とかいるかもなのですが、例えば、中古品を扱うとき、

そのものが盗難品を万が一売ってしまった場合、この盗難品が、

どこから流れてきたのかを調べた時に、

「古物商を見せてください!」と言われたとき、

取得していなかった場合、言われてしまうという感じなので、ここは注意が必要です。

なので、中古品を扱わなければ全然大丈夫ですが、もし扱う場合、

そこだけ気を付ければ大丈夫かなと思います。

転売をやっている方も、意外と持っていない人も意外といますが、あまりいいとはいえませんね。

 

下取りをする品物の価格査定をせず、一律の値引きをする場合は、古物営業許可は不要です。

転売も同じです。

ただし、商品の年式や型式でランクをつけたりして、値引き額を変えたりする場合は、

古物営業許可が必要になりますので、注意してください。

 

アウトソーシングの在宅ワークで、出品代行とかありますが、実際出品する人は
古物商は必要ありません。

依頼者が、古物商(古物営業許可)をもっていれば大丈夫です。

 

主婦の方が、ヤフオクとかメルカリで、着なくなった洋服や、靴、子供の遊具など、売ったりしていますが、普通に不要品として売っているので、問題ないと思いますよ。

あとは、副業で1年間の収入が20万円ある場合は必ず、

確定申告が必要になってきます。

会社員の方で会社にばれない稼ぎ方として、

給料収入と副業収入が合算されて確定申告されるため、副業分が加算されると

住民税額があがってしまい、結果的に会社にばれてしまいます。

2018年は副業解禁の年と言われましたが、まだまだ、副業NGの会社も多いので、

住民税を特別徴収から普通徴収に切り替え自分で納付するようにすれば、

会社にばれることはありません。

 

確定申告は2018年分の1年間の収入が20万円を超えた場合

翌年2019年2月16日~3月15日まで確定申告が行えます。

確定申告の種類により、必要書類が異なるので、あらかじめ、

税務署に確認しておくといいですね。

また、マイナンバーなどで副業がばれたりすることはありませんので、ご安心下さい。

ビジネスは継続的におこねたほうが、続けてきちんと稼いでいけるので、ホワイトビジネス

がんがん稼いでいきましょうね!

●在宅ワークは危険!?その仕事、違法かもよ?↓↓↓

【Facebookでお友達になりませんか?】

プライベートな投稿もしておりますので、もしよろしければお友だち申請お願いします(^^)

Facebook

ーPSー
【LINE@やってます!】

ブログでは絶対に公開出来ない
秘密の情報を
<LINE>で限定公開しています!


今だけ!LINEの友だち追加で・・・

【転売大学に永久無料ご招待!】

今すぐご登録ください☆
友だち追加

※LINEで「@reg3040t」でID検索!