よく、勇気があるから挑戦するって言われているんだけど、それは嘘なんだよね

なにかを、頑張って挑戦するから、始めたから自信がついて、勇気がつくんだよね。

大勢の人が勘違いしやすいので、話しておきますね。

 

勇気があるから、挑戦したり、行動したり、色々何か新しいことを

始めたりするんじゃないんです!

なにかを、はじめてみて、頑張って頑張って継続した結果、

「勇気が出る」んですね。

勇気なんていうものは、はじめからみんな持っているはずがありません。

 

メディアで活動している、有名なアーティストだって、

プロ野球選手だって、

サッカー選手だって、

誰もが、全員はじめは勇気なんかない!

歌を何度も何度も練習して歌ったり、バッティングの練習をずっとしていたり、

筋トレをして持久力を鍛えたり、自分にとって「地道に頑張る」ことで、

人が見えないところで、コツコツコツコツ頑張った結果、、

 

はじめて「 勇気がつく」んです。

 

もともと人って弱い人間だし、最初から勇気100パーセントなんていう人はいません。

脳は基本的に怠けよう、怠けようとするんだよね。

 

でも、願望実現したかったり、成功したい人は「叶えたいという想い」が強いから

だから、一生懸命、凡事徹底して頑張るんです!

 

努力というものは、かならず時間が正比例でついてきます。

 

たかが1日、2日頑張ったところで、頑張ったとは言えない!!

それは単なる自己満足なんです。

さらに、自分で「俺頑張ったんですけどね〜」とか自分がいうことではなくて、

頑張ったか、頑張ってないかは、「人が認めてくれるものなんです」

 

 

例えば、自分のやっている仕事を、新人に教えたりする時、

もし、新人が失敗したら、それは

「自分のせい」

なんですね。

よく、上司とかでも人のせいにする人が結構いますが、

それは、上にたつ責任ある立場の人間として「間違い」なんです。

さらに、そのような上司に対して、「信頼感」はありますか?

ないですよね?

何があっても、たとえ部下がミスをしても、上司が責任をとる…。

人は、このような上司について行くものなのではないでしょうか?

これが、お互いの「信頼感」へと繋がります。

このような場合、基本的に、他責思考になっているので、

まずその思考を変えていきましょう。

 

自分一人でなにかをするなら、ミスしても自分の責任ですよね?

たまに、他人のせいにするひともいますけどね。ww

そんなのは、論外です。

 

誰かと、何かをするときには、その人が失敗したら

「自分のせい」なんですね。

成功者は、「自責思考」なんですね。

今後、誰かと仕事をはじめたり、これから誰かと一緒に何かのプロジェクトを

はじめようと考えている人は、

「自分で責任をとる」

という思考と覚悟を身につけていかないと、

プロジェクトが走りはじめたときに、必ず潰れます。

今一度、自分の毎日の思考パターンがどうなっているのかを、

考え直してみましょう!

「他責思考から自責思考へ」

考え方をシフトしていきましょうね。

【Facebookでお友達になりませんか?】

プライベートな投稿もしておりますので、もしよろしければお友だち申請お願いします(^^)

Facebook

ーPSー
【LINE@やってます!】

ブログでは絶対に公開出来ない
秘密の情報を
<LINE>で限定公開しています!


今だけ!LINEの友だち追加で・・・

【転売大学に永久無料ご招待!】

今すぐご登録ください☆
友だち追加

※LINEで「@reg3040t」でID検索!