ToDoとは、

やらなければいけないこと、忘れてはいけないことを一覧化したリストのことですね。

長期的なメモリストなどどは違い、ToDoは優先度や、締め切りの概念をもちます。

 

一般的にはタスクとか、日常的に行うべきこと!って言う意味なのですが、

わたしが言う、ToDoは 『何に集中するべきか』なんです。

なにをするか?と何に集中するか?は全然意味が変わってきます。

なにをするか?は直近での行動する内容をリスト化しますが、

わたしが言う『何に集中するか?』は、やるべきことが変わる場合があるんですね。

 

以前、秘書のまりこさんは、マイサポの仕入れに関して、ずっと動いてきました。

ですが、今の彼女のToDoは、『韓国輸入商品のリサーチ』

なんですね。

今、何に集中するべきか。

これを明確にリスト化し、実際に行動してみましょう。

 

人は、基本的に集中すると、顔も表情も険しく、真剣な表情で、

少し、緊張状態にありながら、集中することが多いんですね。

でも、よく日常やTVなどで、とても集中することに一生懸命取り組んでいるのに、

ニコニコ笑顔で、リラックスしながら取り組んでいる人を見かけたりしませんか?

特に、スポーツ選手や、マラソン選手がわかりやすいかなと思います。

たとえば、42.195キロを肉体が疲労感でいっぱいで、何時間もかけて走りきったのに、

ゴールするときには、ほんとに素敵な表情でニコニコしながらゴールする人など

見たことありませんか?

こういう人たちこそが、集中するべきことをやっているのに、

脳が、とてもリラックスした状態で走り続けていることができたんです。

これを、心理学の用語になりますが、

『フロー状態』

と言い、集中力を最大限に活かせる状態なんです。

大企業で、とても大事で大きなプレゼンがある時など、脳がMAX緊張状態に

あると、緊張しすぎて身体がこわばったりして、結局覚えていた内容が、

全部飛んでしまい、うまく喋れなかった…。などという経験をした人も

いるんじゃないでしょうか?

集中とリラックスって、正反対の意味に感じますから、え?なんでリラックス?

と思う人も多くいると思います。

でも、集中するには、ある程度リラックスした状態が一番自分の

「集中するべきことが最大限に発揮できる」

んですね。

意識して「フロー状態」にいることができると、すっごく心地よくリラックスした状態で

集中できるため、色々な、気づきなども冴えてくることがあります。

フロー状態になるために意識することは、具体的にいうと、3つあります。

 

1「自分が何をしたいのか?  何をするべきか?が理解できている」

勉強で例えるなら、数学で90点とりたい!

など明確にすること

数学でいい点をとりたい!と決めるのと、数学で90点とりたい!と決めるのでは、

具体性が違いますよね?

 

2  集中したいことが難しすぎず、簡単すぎないこと

 

3  自分自身のことを忘れる

人は、自分自身のことについて、もっとも気が散りやすいため、スマホやアルバムなども

見えない場所に置いたり、友達に名前を呼ばれたりするのも、自分自身に

意識が向くので、集中が途切れますよね。

なので、以前ブログで書いたように、カフェなどに足を運んで

「集中するべきこと」をするのが一番効果的なので花でしょうか?

 

ご参考にしてみてください。

 

【Facebookでお友達になりませんか?】

プライベートな投稿もしておりますので、もしよろしければお友だち申請お願いします(^^)

Facebook

ーPSー
【LINE@やってます!】

ブログでは絶対に公開出来ない
秘密の情報を
<LINE>で限定公開しています!


今だけ!LINEの友だち追加で・・・

【転売大学に永久無料ご招待!】

今すぐご登録ください☆
友だち追加

※LINEで「@reg3040t」でID検索!