何かができない

何かがない

人ってそういうことを原因に

「思った通りにならない」

「こうできない」

と言い訳をしてやらない

何かがないことが不利

できないことが不利という考えが

当たり前になってる人が多い

 

でも、ものの視点を変えると、

「あることが不利」

という場合もある。

さらに具体的にいうと、人の長所が短所になったり

逆に短所が長所になったりできる。

このビジネスをしてると日々色々な人に出会う

 

生まれつきや、人生を生きている途中で

突然耳が聞こえなくなったかたがいて

その人は自分が耳が聞こえにくいせいで

「仕事もプライベートもうまく行かない」

「耳が聞こえないせいで結婚もできない」

と、言っていた。

 

でも、耳が聞こえにくいことが不利だ

と思っていることが大きな原因。

 

「耳が聞こえないことが不利になってると思い込んでいることが大きな間違い」

 

人は、色々な方がいてほんとに一人一人違う

「仕事をやらせても失敗ばかりするが人一倍素直」

とかねw

 

何かができるからいいとか

なにかができないから悪いとか

 

男性だからいいとか女性だから悪いとか

ある、ないなど全部を含めて多様性なんですね

 

ある特性が不利になると思えば

不利にならないところに行けばいいし

何かがない!から悪い。

というのは単なる思い込み

 

何かがないから逆に人が

できないようなことができるんでしょ?

それは自分の強みだよね。

実際耳が聞こえにくい人で

それを有利に変えている人を2人知っています

 

一人は年配の85歳くらいの男性

もう一人は、保険の仕事をしてる営業マン

まず前者の人は、自分の老いで耳が聞こえにくくなり

でも、いつもオシャレには気を使い街のみんなからも

とても慕われてる人で、誰かが困ってる人がいると

時間がかかっても必ず手を差し伸べる人

 

耳が聞こえにくいとなにかと不便と思いがちですが

その男性は

「いや〜いつも女房や娘から悪口言われてたけど

全く聞こえなくなって今とっても幸せだよ〜ww」

とか、いつも明るくオシャレなおじいちゃんです

 

もう一人の保険の営業マンは

営業成績が常にNo. 1 !!

 

初めは、なぜ毎回トップなのかわかりませんでしたが

話してみてすぐにわかりました。

「聴く力」

なんですね。

はじめてお会いした時も

「わたしはこちらの耳しか聞こえないので

こっち側に座ってきいてもいいですか?」

と、言ってきてそれを出会う全ての人に言ってた。

 

会話をしてみると普段何気なく気を使うこともなく

ペラペラ話をするとかじゃなく

「一語一句丁寧に伝わるように」

話していた

 

そう、彼は聴く姿勢が他の人とは違った

聞こえにくい分相手の話を真剣に

きちんと目を見て聴く。

だから、こちらもきちんと言葉を丁寧に話す

人は、自分に対してきちんと向きあってたり、

丁寧な扱いをしてもらうとそこで「信頼」

がうまれる。

 

一人一人のお客様にそういう応対をしてきたのだと

思うと、営業成績No. 1は納得!

自分自身がマイナスとか不利だとか思ってることを

有利に変えている人も沢山います

全ては、自分の考え方、思い込み次第

なんじゃないかな。

 

 

自分の不利を補い、創意工夫することが

不利を有利に変える一番の近道だと思う。

 

 

【感謝】

2018年は色々お世話になり

本当にありがとうございました

 

2019年、皆様にとってさらなる飛躍の年に

なりますように

 

また来年もよろしくお願い致しますm(__)m

良いお年をお迎えください🎍🍶

 

 

【Facebookでお友達になりませんか?】

プライベートな投稿もしておりますので、もしよろしければお友だち申請お願いします(^^)

Facebook

ーPSー
【LINE@やってます!】

ブログでは絶対に公開出来ない
秘密の情報を
<LINE>で限定公開しています!


今だけ!LINEの友だち追加で・・・

【転売大学に永久無料ご招待!】

今すぐご登録ください☆
友だち追加

※LINEで「@reg3040t」でID検索!