ペイパルのアカウントが停止になりました。

その理由は明らかで、

「急激な入金」があったからです。

 

というのは

先日、期間限定商品のセールスをしまして

短期間に普段よりも多い入金がありました。

 

それにより

PayPal側が安全のために

アカウントを一時休止にしたのです。

 

新車が買えるくらいの売上が

PayPal上にある状態なのでヒヤヒヤしていますが、

他社のシステムを使っている以上しょうがないのです。

 

この事件からビジネスとして2つの勉強ができます。

 

1つ目は「ちゃんと売っているか」です。

今日のネットビジネス系のセールスは

気持ち悪いくらいに盛り盛りの表現をしています。

 

つまり、違反というか

正当な商売ではない。と認識された場合、

売上金の振込申請はできないでしょう。

 

このように第三者の何かを使う場合には

必ずアカウント停止のリスクがある。

ということを念頭に入れて置かなければいけません。

 

これはメルカリなどの転売系でも

同様のことが言えます。

 

共通点は「正しくビジネスする」こと。

イカサマすれば簡単に稼げるかもしれませんが、

ビジネスは「稼ぎ続けるもの」ですから

お小遣い稼ぎならいいのでは?

と思ってしまします。

 

2つ目は「デジタル商材を扱う」です。

 

今回の事件を例に出すと、

万が一、振込申請ができなくなっても

金銭的にマイナスになることはありません。

 

どういうことかというと、

販売した商品が在庫を持たないからです。

 

一般的な物販の場合、

仕入れをしてから販売します。

 

ということは、

一時的に金銭がマイナスになります。

売れて初めて利益になるビジネスの場合、

売上金が振り込まれまい=破綻

を意味します。

 

一方、デジタル商材の場合は

在庫無い=マイナスにならない。

ので、売れたらプラスの収益で、

売れなかったらゼロなのです。

 

もちろん、売上が上がるにこしたことはないですが、

マイナスにならなければ、破綻することはありません。

 

まとめると、

PayPalなどの第三者決済サービスを

安全に利用するには

「デジタル商材を正しく売る」

ことになります。

 

売るには集客が必要ですが、

ココナラを利用すると

集客不要であなたのコンテンツを

売ることができます。

 

もし自分のスキルをデジタル化(PDFや動画)にして

在庫を持たない不労所得的な収入を得たいのであれば、

圧倒的にココナラです。

 

実際に私もココナラに出品して、

20日間で56万5000円の売上

立てることができました。

※2019年3月1日〜19日までの実績

 

1商品だけデジタルコンテンツを出品して、

あとは放置です。

 

売れたら通知が来るので、

コンテンツの定型文を送るだけ。

 

1分以内の作業で、

これだけの売上を作れるのですから

ココナラは最強なワケです。

 

是非、あなたもココナラに挑戦してみてください(^^)

【Facebookでお友達になりませんか?】

プライベートな投稿もしておりますので、もしよろしければお友だち申請お願いします(^^)

Facebook

ーPSー
【LINE@やってます!】

ブログでは絶対に公開出来ない
秘密の情報を
<LINE>で限定公開しています!


今だけ!LINEの友だち追加で・・・

【転売大学に永久無料ご招待!】

今すぐご登録ください☆
友だち追加

※LINEで「@reg3040t」でID検索!