幻冬舎から出版されている
田端信太郎さんの
「ブランド人になれ」
を読んだ感想と、

私自身の体験談を踏まえた
要約をお送りします。

【仕事は性行為】

そもそも仕事は頑張るものではなく、
「お客様に喜んでろらう行動」です。

頑張ったから、
努力したから、
一所懸命とかそういうのは
仕事ではなくオナニー。

そんなの相手がいなくても出来る。
しかし仕事はできない。

だから仕事するなら
セックスするつもりでやろう。

【やらない事を決める難しさ】

年賀状とか意味あるのか?
何十枚も年末の忙しい日に
仕事を増やす意味があるのか?

その行為は双方が喜ぶものなのか?

毎年出しているからとか、
そんな習慣や常識は不要。

大切なのは「やることを決める」よりも
「やらないことを決める」こと。

常識は自分が決めることだよ。

【上司の奴隷化】

共犯者を募れるように
夢と企みを言い散らかした方が良い。

自分のやりたいことを具現化するなら、
仲間が必要だ。

会社組織なら自分よりも
偉い人を共犯者にすることを
最優先に考え、動く。

そしてこき使え。
上司を奴隷にしろ。
結果はくれてやれ。
経験だけを得ろ!

【クビになっても安心】

会社のために働いてはダメ。
お客さんの為に働かないといけない。

なぜなら、
お金をくれるのはお客さんだからだ。
会社はそのお金の受け皿でしかない。

お客さんの為に仕事をしていれば、
退社後も食っていける。

お客さんが会社に付くのか?
あなたに付くのか?
それはあなた次第。

【ハッタリをかませ】

結果を出すには、
目指す結果のハッタリをかますことが
1番有効です。

例えば、
あなたのお店の売上を◯◯倍にします!
とか。

別に嘘でもOK!
結果は期限内に出せば良いのだから。

もしものことは考えない。
結果を出さなければヤバい状況が、
1番結果を出せる環境だからね。

【会社を食い物にしろ】

今、サラリーマンなら
会社を食いつぶすと良い。

あなたのやりたい事をお金をもらいながら、
ほぼノーリスクで現実化できる。

損失は全て会社が負担するし、
責任を負え!
と言われたら辞めればいいだけの話。

別に命は奪われない。

成功した金はくれてやれ。
経験はあなたのものだ。

【金より称号】

売上よりも
圧倒的なイメージを植え付けろ!

2020年1月に
ミンネ作家ランキングで日本一になり、
収入も増えた。

しかし、
金なんてどうでもいい。
欲しいのは称号だ。

お金は使えばなくなるが、
称号は消えない。

年収1億円よりも、
10年連続ミンネ作家1位の称号が欲しい。

【倍値で売る方法】

真夏の海辺なら、
300円の日焼け止めを
600円売ることができます。

日焼け止めを忘れた女性に
声をかければ良いでしょう。

この行動の核は
「どうすれば喜んでくれるかな?」
という簡単なことです。

この思考を潜在意識レベルで
取得することが、スタート地点。

【質より量の嘘】

「量より質」は間違っている。
正しくは「量をこなすと質が上がる」

私はYouTubeを
1年間で3000本アップした。

そんな今、
動画を削除している。

量をこなすことで、
当たり外れが見えてくる。

その当たりが見えたらあとは全ベット!
きっとこの小さい穴から未来が見えてくる!

【自分の給料は自分で決めろ】

なぜあなたの給料を
会社が決めるのだろう?

会社と社員は対等な立場なのに、
働く対価を会社が決めるのはおかしい。
社員があっての会社だ。

だから
「自分の給料は自分で決める覚悟」
が必要。

あなたの時間の値段を決めるのは、
あなただ。

その価値を決めるのは、
会社だ。

【給料=我慢料?】

もしあなたがお給料をもらっているのなら、
どちらのお金がを考えてほしい。

「あなたがした結果に対するお金」
「あなたがした我慢に対するお金」

給料は我慢料ではない。
機械ができる仕事をやっているのなら、
あなたに価値はない。

もっとあなたしか出来ない仕事をやろう。

【井の中の蛙】

井の中の蛙にならない為には
「人と会う」
「素直になる」
「動く」
この3つをするといい。

絶対に1つで何かをすることは
辞めたほうが良い。

蛙にもなるし、
裸の王様にもなる。

自分は正しいかもしれないけど、
もっと最適な方法があるはず。

それを手に入れるには自分を捨てること。

【飲み会拒否運動】

会社の飲み会に行くと給料が減る。

激烈な結果を出すには
労力と時間は必要不可欠。

常にやりたいことの具現化方法を
頭の中でグルグルする。

上司からの強制飲み会なんて
行く暇あったら、
お客さんと飲みに行った方が
1000%良い。

上司はあなたにお金を運んでくれない。

 

 

【会社は捨て駒】

会社としての実績ではなく、
あなた個人の結果を残すべきだ。

例えば、
ミンネ日本一の作家
「隕石マリコ」を例にあげると、
作家としてマリコブランドが出来た。
これは会社ではなくマリコ本人の結果だ。

きっと会社が無くなっても
マリコは食っていける。

俺(会社)は捨て駒でいい。

 

 

【賢くなる必要は0】

凄い人よりも、楽しい人になれ。

優秀な人にファンはできない。
アイドルが良い例だ。

賢くないアイドルでも、
相手を楽しく出来る人にファンが出来る。

隕石マリコは典型的な代表作だ。

あいつは頭が悪い。
しかし人の心を暖かくする能力を
持っている。

そういう人になるべきだ。

 

 

【引き抜かれろ】

引き抜かれる人が
勝つ時代かもしれない。

SNSで情報が民主化された今日、
自分をアピール出来る場所が出来た。

つまり、毎日自分プレゼンし放題なのだ。

誰もが最初は資金が無い。
だから投資家の目を惹くことをするといい。
コラボでもいい。

個人単位で村となれば結果が出やすい。

 

 

【イエスマン最強説】

ついても良い嘘がある。
それをハッタリという。

出来ないことでも
イエスという勇気を持つことができれば、
良くも悪くも結果が出る。

良ければドヤ顔し、
悪ければ土下座すればいい。
死ぬわけではない。

結局、
イエスマン最強説にたどり着く。

【1人に届ける】

100フォロワーの100人より、
1万フォロワーの1人に好かれた方が早い。

いわゆるインフルエンサーの目に
止まるような情報配信をすべきだ。

この配信もそうだ。
田端信太郎さんに届くように、
バカみたいにやっている。

今はバカでも良い。
バカしか王様に勝てないからね。

 

【自分の株価】

凄いだろ!言うよりも、
凄いね!と言われないと意味がない。

当たり前だけど、
評価するのは自分ではなく相手だ。

どんなに凄いだろ!と言いまくっても、
誰も評価してくれなければ
価値のない紙幣と同じ。

上場しなくとも、
自分の価値(株価)は上げられる。

【会社って何?】

会社は空想の土地。

会社=社長?株主?社員?
・・・ん?なんなの?

きっと野球場のようなステージだろう。
あなたが輝くためにある場所だ。

スポットライトも
観客も
スタッフもいる。

会社員はそれらをフル活用できる。

会社の使い方を知っている人間は
本当に強い。

 

 

【2種類の人間】

2種類の人間がいる。
「歯車人間」と「設計人間」だ。

企画の設計(企画案提出者)をして、
それを実行するために
たくさんの歯車(社員)が必要になる。

これらを繰り返すのが会社だと思う。

歯車になるか、設計者になるか、
勇気をもって手を挙げた者が
勝つ時代に手を挙げよう。

【怖い波に飛び乗る】

波を見て飛び込むと
チャンスをつかめる。

ビジネスには絶対に波がある。
良い時や悪い時、衰退期や成長期。

どこの波に乗るかによって
仕事の楽しさが100倍変わってくる。
怖いかもしれないが、
成長期初期の波に乗ろう。

達成感と満足感と経験値を
獲得して進化できる。

 

 

【嗅ぎ分けるチカラ】

初期微動で逃げるのか、
主要動で逃げるかによって
結果が大きく変わるだろう。

大きな揺れが来た時点ではもう遅い。
大切なのは予知すること。

ビジネスも同じ。

「これ、来るかな?」
と思ったらGOだ!

まだ動いていない場所にこそ、
チャンスが眠っている!
その匂いに敏感になろう!

 

 

【ゴキブリの法則】

個人ビジネスやるなら、
たった1人を満足させるような
サービスを作ろう。

万人受けするサービスは大手に任せよう。
痒い所に手が届くサービスではなく、
痒い所をかいてあげる商品を作ろう。

全く同じことを思っている人は
100人以上いる。

これをゴキブリの法則という。

 

 

【何でもやれやれやれ】

「◯◯をやってみたいんですよねー」
と思ったことがある人は要注意です。

いわゆる、
やるやる詐欺師に
なっている可能性が高いです。

トヨタの社長が言っていましたが、
「10個のうち1個成功すれば良い方だよ」
というのはまさにその通り。

数打てば当たる戦略が最強なのです。

 

【3G】

3G(現地、現物、現場)を
体感しなければならない。

何でもネットで手に入る時代になり、
何が本物なのかが分からなくなってきた。

本物と偽物の違いの差が
無くなってきたとも言える。

だから足を動かし、
手間と時間をかけて自分で体験する。
面倒くさいがこれしか方法は無い。

 

 

【崖に行く】

「お金は使えば使うほど入ってくる説」
もしかしたら聞いたことあるかもしれないが、
本当だと思う。

会社のお金が10万円だったころ、
隕石を無理に買った。

その結果、
今の隕石マリコがある。

結局、
どれだけ崖っぷちに立てるかが
勝負の分かれ目。

自ら行こう、崖の先っぽに。

 

 

【無形資産価値】

有形資産<無形資産になった。

お金(有形資産)よりも
フォロワー(無形資産)の方が
価値が上がってきている。

ZOZOの前澤社長をはじめとして、
現金バラマキ戦略が有効なのが
それを物語っている。

お金がなくても情報配信はできる。
もっとネットの向こう側に目を向けよう。

 

 

【アンチ】

アンチすら出来ない人に価値は無い。
アンチは自分の貴重な時間を浪費している、
かまってちゃん。

そんな人間のカスにすら相手に
されないようでは、
情報配信者として終わっている。

別に炎上しろとまでは言わないが、
アンチとファンの数はほぼ同数である事実は
知っておくべき。

 

 

【名刺不要説】

名刺の意味合いが変わった。
もはや住所や電話番号は不要で、
Twitterのアカウント1つあれば十分。
LINEもいらない。

Twitterアカウントを見せれば、
フォロワー数とツイートで
その人の信用度がある程度分かる。

名刺と比べると情報量が圧倒的に違う。
その人の性格まで分かる。

 

【ネット信用】

誰かにツイートするなら、
その人が目の前にいる前提でツイートするべき。

ネット上だけの上辺の発言なら、
アンチと変わらない。

ネットだからではなく、
ネットだからこそ発言に責任を持たせるのだ。

リアルの信用よりも、
ネットの信用になってきたのかもしれない。

以上です。

もし本書に興味を持ったのであれば
読んでみてください。

 

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言 (NewsPicks Book) 田端 信太郎

 

購入はコチラから。

 

=====
オススメサービス
=====

【レビウスエフシー】

日本初のネットビジネスの
フランチャイズサービス。
本気で副業をビジネスにしたい人に
オススメです!

コチラ

 

【やまだ村】

本当の仲間に出会えます。
ヤマダトシヤが手掛ける、
最初で最後のオンラインサロンです。

コチラ

※特典多数

【Facebookでお友達になりませんか?】

プライベートな投稿もしておりますので、もしよろしければお友だち申請お願いします(^^)

Facebook

ーPSー
【LINE@やってます!】

ブログでは絶対に公開出来ない
秘密の情報を
<LINE>で限定公開しています!


今だけ!LINEの友だち追加で・・・

【転売大学に永久無料ご招待!】

今すぐご登録ください☆
友だち追加

※LINEで「@reg3040t」でID検索!